小児科医からこれだけは言わせて

写真が趣味の小児科医が小児臨床の現場のことやカメラのことを記載していく

\ Follow me!! /

【ある小児科医の提言】子どもが耳を痛がっている!急性中耳炎の治療についてのまとめ

こんにちは、今回は急性中耳炎に関して記載していきます。小児急性中耳炎の診療ガイドラインが2018年に新しく改訂されていたので、その勉強がてら内容をシンプルにまとめていこうと思います。 どちらでも大丈夫です。何度も何度も中耳炎を繰り返しているお子…

小児総合医療センターで摂食障害の話をきいてきたのでまとめてみました。

こんにちは、都立小児総合医療センターで摂食障害の治療に関しての講演会を聞いてきたので、今回はそのまとめをしてみました。摂食障害のなかでも、主に拒食症についての話です。 拒食症の治療に関しては自分で治療にあたったことがなく、今までで聞いたこと…

【ある小児科医の提言】熱、口と目と手の赤み、首の痛みと発疹 川崎病について 後編

こんにちは。小児科医あきらです。 川崎病の後編、IVIGとアスピリン以外の治療に関してです。前回も載せましたが、一応川崎病急性期治療のガイドラインのフローチャートを載せておきます。ご参照ください。 メチルプレドニゾロンパルス メチルプレドニンパル…

【ある小児科医の提言】熱、口と目と手の赤み、首の痛みと発疹 川崎病について 中編

こんにちは、小児科医あきらです。 前々回、川崎病の診断に関しての記事を書いてみましたが、今回は治療に関して解説していきます。前後編に分けるつもりでしたが、内容が増えてしまったため、前中後編になります。 前編はこちらです! drakira.hatenablog.c…

NCPRの更新をしたのでそのまとめです。新生児蘇生法について

こんにちは、小児科医あきらです。 日本周産期・新生児医学会が主体で行う、新生児蘇生法普及事業NCPRと呼ばれる「すべての分娩に新生児蘇生法を習得した医療スタッフが新生児の担当者として立ち会うことができる体制」を目指した組織があります。その講習を…

【ある小児科医の提言】熱、口と目と手の赤み、首の痛みと発疹 川崎病について 前編

こんにちは、小児科医あきらです。更新が遅くなってしまってすみませんでした。 今回は川崎病に関してご説明します。 少し長くなるため、前後編に分けます。まず、前編では川崎病の診断に関して書いていきます。 川崎病の一般的概要について 「川崎病」とは…

【ある小児科医の提言】昼夜ずっと咳が止まらない。マイコプラズマ肺炎について

はじめまして、小児科医あきらと申します。今回はマイコプラズマ肺炎に関してご説明します。 マイコプラズマ肺炎の特徴として、発熱と湿った咳の持続がありますが、病初期は派手な発熱があっても全身状態は比較的良好であることが多く、感冒と区別がつきにく…

【ある小児科医の提言】熱が上がって喉を痛がっている…!溶連菌性咽頭炎について

こんにちは、小児科医あきらです。 溶連菌感染症について記載します。例のごとく初めに大事なことから記載していきますね。 溶連菌性咽頭炎は、「治せる病気」の一つです。どうしてそのように表現するかというと、小児科でも成人でも一般外来を受診する患者…

【ある小児科医の提言】医師「アデノ陽性ですね〜」アデノって何? アデノウイルス感染症について

こんにちは、小児科医あきらです。 今回は「アデノウイルス感染症」 についてお話します。 以前、アデノウイルス感染症のうちプール熱(咽頭結膜炎)に関してに関して記載しましたが、その他にも表現型があるウイルス感染症なので、まとめて書いていきますの…

【ある小児科医の提言】口の中になにか入れて遊んでいた後に苦しそうにしてる!気管内異物についての話

こんにちは。小児科医あきらと申します。今回は気管内異物に関してご説明します。 大事なことを一番初めに記載しますのでご確認ください。 もし、子どもが何かを口に入れてその後意識がなくなり、胸とお腹の動きがなくなってしまったら ①すぐに119番通報 ②心…

【小児科医の提言】RSウイルスってなに? 急性細気管支炎、主にRSウイルス感染症に関して

はじめまして、小児科医あきらと申します。 今日は「急性細気管支炎」主にRSウイルス感染に関してご説明します。大事なことを一番初めに記載しますのでご確認ください。 RSウイルス感染はときに呼吸困難が増強して死亡することもある感染症です。 乳幼児、特…

【ある小児科医の提言】ぐったりしておしっこも殆ど出ない。小児の脱水症について

では今回は「脱水症」について勉強していきましょう。 ひとえに脱水といっても、脱水に至る原因によって様々な病態があります。ただ、気をつけなければならないことはシンプルです。医師は、入院が必要か必要でないか、その点を病歴や診察、検査所見で判断し…